ウエットランドフォーラムへようこそ!

和白干潟

干潟の生き物・博多湾の干潟!
干潟の恵み、生物が多様に育む。


クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギと友達になろう!
絶滅器具種の鳥が福岡の干潟に。


こんなことやってます。

面白い世界がたくさんある。
干潟で遊ぼう。



和白干潟の子供調査隊・  ガタレンジャー2019 募集中!!


イベント案内

干潟ワンダーランドを体感してください。




和白干潟で潮干狩り レポート

日時:4月21日(日)14:00〜16:30  場所:和白干潟・海の広場 ★参加された方には、和白干潟オリジナル「アサリ読本」をプレゼント!!

潮干狩りを3倍楽しもう!!   ●アサリを知る ●環境を守る ●干潟を楽しむ。

〈プログラム〉
1/和白干潟の生き物と魅力紹介  城東高校・科学部   2/アサリの生態とアオサとの関係    講師:藤井暁彦さん(干潟の専門家)
3/ 干潟へ移動して「潮干狩り」 ★チーム対抗・潮干狩り体験   4 /生物観察・表彰式など

快晴に恵まれ、78名の参加で潮干狩りイベントが行われました。

 

最初は城東高校の生徒による和白干潟の紹介で始まりました。この3年間の生き物調査の結果や和白干潟の大切さを、生き物マップのパネルを使って説明してくれました。

 

続いて、和白干潟でアサリの研究をした藤井暁彦さんがアサリの生態を紹介しました。特に3cm以下のアサリをとってはいけないという福岡県の条例を、「アサリに一度子どもを産ませてから採りましょうということです。」と、参加者にわかりやすく解説してくれました。

 

地元の岸原さんが潮干狩りのコツを伝授して、いよいよ潮干狩りに干潟に出ました。1時間でどれくらい採れるのかをチーム対抗で競いました。親子を中心の18チームの結果はとても豊漁で、トップは4.5kgでした。上位のチームには、絵本や図鑑などがプレゼントされました。プレゼンターを和白公民館の稲葉館長さんが引き受けてくださり、いつまでも和白干潟が保全されることを願っていますと挨拶をしてくださいました。

 

振り返りでは、「たくさん採れて楽しかった」、「昔はもっと採れていました」などの感想がありました。最後にラムサールネットワーク日本の共同代表・安藤よしのさんから、湿地を守ることの大切さや国際的な意義などについてまとめのお話しがありました。

 

アサりがたくさん採れて干潟の恵みを体感できたことと共に、干潟保全の地域のお話し、国内外との連携のお話しなどがあり、大変有意義な潮干狩りイベントになりました。このイベントでは、ガタレンジャーのメンバーが、受け付けやアサリ軽量、設営、駐車場の管理などに大活躍してくれました。この協働も素晴らしい成果でした。

 

※テレビ2社(FBS福岡、テレQ)、新聞社(西日本新聞社)取材、報道あり。

 


絵本:クロツラヘラサギ「プーの手紙」ができました

この度、絶滅危惧種絶滅の渡り鳥、クロツラヘラサギをテーマに、クロツラヘラサギ「プーの手紙」を制作しました。 文章は4ヶ国語(日本語、英語、韓国語、中国語)で併記しています。

ストーリーはこれまで実際にクロツラヘラサギの周辺で起きている事実を単純に並べたものですが、 その中から見えてくる、渡り鳥やその環境が抱える問題について考える機会になればと思い制作しました。

さて、プーの手紙はどんな内容でしょうか?

稚拙な仕上がりですが、お時間のあるときにご一読いただければ幸いです。

・サイズ/182×220mm 40ページ 

・1冊/500円 ・送料:1冊〜5冊(送料360円) 6冊〜10冊(送料510円)

ご希望の方はメール(指名、住所、電話番号)でお申し込みください。

ショップページより購入できます。


ウエットランドフォーラムについて

ウエットランドフォーラムは、東アジアの渡り鳥の渡来地を守るため福岡市の博多湾アイランドシティ埋め立て地の湿地再生のための野鳥公園の提案と和白干潟の改善や保全の活動を行っています。

和白干潟の図鑑はこちらから

和白干潟の子ども調査隊 ガタレンジャー
和白干潟(干潟そのものも含めて)の楽しさや感動を子ども目線で情報発信しています。 小学4年生からの隊員を募集しています。
ガタレンジャーはこちらから